ようこそ、武蔵七党の一つ児玉党一族の大類氏についてのページです。

大類という地名

大類という地名は、全国に三か所ある

上野国群馬郡大類邑(ぐんまぐん おおるいむら)

現:群馬県高崎市上大類町、中大類町、下大類町、宿大類町、南大類町


上野国甘楽郡白倉村字大類(かんらぐん しらくらむら あざおおるい)

現:群馬県甘楽郡甘楽町大字白倉字大類


武蔵国入間郡大類村(いるまぐん おおるいむら)

現:埼玉県入間郡毛呂山町大字大類


  • 大類氏はこの地名を負って出自したものであり、いずれの地も中世、児玉党の一族である大類氏の拠ったところであるが、地名・名字のいずれが先行するかは未詳である。
  • 筆者は、後二者については名字が先行しているものと考えている。


powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional