ようこそ、武蔵七党の一つ児玉党一族の大類氏についてのページです。

白倉邑について

白倉邑について

白倉邑(しらくらむら)の山田氏

  • 大類氏の祖、行義は「白倉の山田氏」山田重澄の四女を娶った。
  • もともとこの山田氏は、清和源氏流であり、満政(みつまさ)七世の孫重直(しげなお)が尾張国山田郡山田庄に移り住み、地名を冒して山田氏を称したのが始まりである。重直の孫は4人で、その長が太郎重澄である。
  • この重澄が頼朝より、上野国甘楽郡白倉邑に地頭職を沙汰され、この地に来住したのである。『吾妻鏡(東鑑)』にも
    「寿永元年(1182)3月5日 乙亥 山田太郎重澄(やまだたろう しげすみ)、日来朝夕祗候(しこう)し、殊に慇懃の忠を竭(つく)す。仍(よ)って今日一村の地頭職を賜ふ」
    とある。
  • 同書によれば、山田重澄は寿永3年(1184)一ノ谷の戦いで、源義経に従っており、このとき大類行義の父である秩父行綱は、源範頼に従っている。
  • 行義の宅は重澄の四女であるが、二女が児玉党秩父氏流の三郎成季の室になり、その成季が当初山田氏を嗣いだのである。しかし、そののち成季は居住地名の白倉を冠して白倉氏を名乗り、子孫が坂東にその名を轟かせた。
  • 以下に山田太郎重澄の系を示す。
清和天皇(850-881)せいわてんのう
 ┃
貞純親王(873-916)さだずみしんのう
 ┃
【源】経基(?-961)みなもとの つねもと
 ┃
満政 みなもとの みつまさ
 ┃
忠重(?-1033)みなもとの ただしげ
 ┃
定宗 みなもとの さだむね
 ┃
重宗 みなもとの しげむね
 ┃
重実(八島重実)みなもとの しげざね
 ┃
重遠(浦野四郎)みなもとの しげとお
 ┃
 ┃┏重直(尾張国山田郡に住し、山田氏を名乗る。尾張山田氏の祖)━┓
 ┗┫                              ┃
  ┗重弘(山田六郎)                      ┃
                                 ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃┏重澄(山田太郎、養和2年(1182)壬寅3月5日、 ━━━━━━━━━┓
 ┃┃   上野国甘楽郡白倉邑の地頭職に補され、         ┃
 ┃┃   文治元年(1185)に同村に来住す。白倉山田氏の祖)     ┃
 ┃┃                              ┃
 ┃┣重義(泉太郎、墨俣川の戦いで死す)             ┃
 ┗┫                              ┃
  ┣重忠━━━━━━━━重継(孫次郎、承久の乱で死す)━┓   ┃
  ┃(山田次郎、承久の乱で死す。年56)         ┃   ┃
  ┃                          ┃   ┃
  ┗重明(山田三郎、承久3年(1221)承久の乱で負傷)    ┃   ┃
                             ┃   ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛   ┃
 ┃┏兼継(又太郎、越後へ配流) ┏重泰(山田)         ┃
 ┃┃              ┃               ┃
 ┗╋重親(彦坂)━━━━━━━━╋泰親(山田三郎)       ┃
  ┃              ┃               ┃
  ┗蓮仁(僧)━━安養     ┗親氏(山田)         ┃
                                 ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃┏重隆(次郎、建暦3年(1213)和田合戦で死す。それより前、美濃に移さる)
 ┃┃
 ┃┣女子(新屋行村の室)
 ┃┃
 ┃┃ 秩父三郎成季(三郎、児玉党秩父氏より重澄二女の婿となり、
 ┃┃  ‖     重隆の戦死後に家督を継ぎ、山田氏の総領家となる。
 ┃┃  ‖     承久の乱、宇治川にて討死す)
 ┃┃  ‖
 ┃┃  ‖ ┏成氏(三左衛門、白倉の地に城を築く)
 ┗┫  ‖ ┃
  ┃  ‖━╋信季(長州の萩に移封さる)
  ┃  ‖ ┃
  ┃  ‖ ┗成家
  ┃  ‖
  ┣━女子(秩父三郎成季の室)
  ┃
  ┣女子(片山余二郎行時の室)
  ┃
  ┣女子(大類五郎左衛門尉の室)
  ┃
  ┣通重(山田四郎)
  ┃
  ┗重頼(山田五郎、承久の乱で死す)
『山田氏系譜』
『大類村史』

白倉邑の大類氏

  • 白倉の地には、現在も大類氏が数家存するが、この大類氏は、寛永(1624-43)の頃に移り住んだ大類重右衛門閑斎(おおるい しげえもん かんさい)慶安2年(1649)没)の末裔である。この一族が使用している紋は『三葉蔓柏(蔓柏)』と『丸に剣漿草(丸に剣片喰)』である。
  • 大類重兵衛閑斎が何れより来住したのかは定かではない。ただ、児玉党の大類行義の家紋は『軍配団扇内に桐竹鳳凰』であり、大類閑斎の家紋とは異なっている。
    『大類村史』
  • 以下に白倉村大類氏の系を示す。
重右衛門(寛永2年(1625)6月26日没)
 ┃
重右衛門(隠居号閑斎、慶安2年(1649)11月9日没)
 ┃
 ┃┏久兵衛(萬治3年(1660)3月9日没) ━━━━━━━━━━┓
 ┃┃                          ┃
 ┃┣ 徳右衛門(寛文5年(1665)4月22日没、東天神に分家す) ┃
 ┗┫                          ┃
  ┣久右衛門(寛文10年(1670)正月18日没、新田の分家)  ┃
  ┃                          ┃
  ┗女子(貞享3年(1686)7月15日没、           ┃
      新屋系山田氏宗家、山田平右衛門重光の妻)   ┃
                             ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
久兵衛(元禄4年(1691)7月7日没)
 ┃
久兵衛(宝永7年(1710)12月13日没)
 ┃
忠兵衛(享保9年(1724)7月2日没)
 ┃
重右衛門(寛延4年(1751)11月8日没)
 ┃
松五郎(寛政元年(1789)6月11日没)
 ┃
重右衛門(文政9年(1826)8月7日没)
 ┃
重右衛門
 ┃
久兵衛(明治11年(1878)8月7日没)
 ┃
由太郎(明治8年(1875)5月5日没)
 ┃
みき
 ∥
 ∥━満重
 ∥ ∥
 ∥ モン(昭和9年(1934)4月8日没)
 ∥
品吉(大正12年(1923)12月15日没)
『山田氏系譜』(傍系略)


前へ   次へ

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional